ワークライフバランスが理由で転職する際の落とし穴とは?

MENU

ワークライフバランスが理由で転職する際の落とし穴とは?

ワークライフバランスが理由で転職する際の落とし穴とは?

 

仕事が忙しすぎてワークライフバランスをもっと優先したくて転職する人は多いです。

 

しかしワークライフバランスを転職理由にすると面接官に不安を与えてしまいます。

 

ではどんなふうに言えば面接官は納得しやすいのでしょうか?

 

そこでワークライフバランスが理由で転職する際の落とし穴や、ワークライフバランスが良い業界、職種について紹介します。

 

ワークライフバランスが良い業界、職種は?

ワークライフバランスが理由で転職する際の落とし穴とは?

 

昭和の時代は仕事人間の男性が多かった印象がありますが、平成・令和の今は仕事とプライベートをきっちり分けて考える人も多いです。

 

ワークライフバランスという言葉もその流れから生み出されました。ではワークライフバランスとは具体的に何か?

 

転職でワークライフバランスという場合、主な指標として

 

・残業の少なさ
・休日の多さ

 

この2つで比較することができます。以下はDODAのまとめたデータから抜粋しています。

1.残業の少ない業界

1位 12.3時間 スポーツ/ヘルス関連施設
2位 12.4時間 薬局
3位 12.8時間 クレジット/信販
4位 13.2時間 病院
5位 13.8時間 専門店/小売店

2.残業時間が少ない職種

1位 8.1時間 一般事務
2位 8.3時間 翻訳/通訳
3位 9.3時間 貿易業務
4位 9.3時間 オペレーター
4位 11.0時間 秘書/受付

3.休日の多い業界

1位 135.2日 自動車/輸送機器メーカー
2位 132.7日 電子/電気部品/半導体メーカー
3位 130.9日 コンピューター/OA機器メーカー
4位 130.5日 医療機器メーカー
5位 130.5日 機械/電気機器メーカー

4.休日の多い職種

1位 140.2日 CAE解析
2位 139.8日 工業デザイン
3位 135.5日 セールスエンジニア/FAE
4位 134.4日 先行開発/製品企画
5位 133.1日 プロセスエンジニア

 

医薬品業界は残業が少ないのが目立ちますね。

 

またメーカー系は休日が多いですね。

 

ただし、残業は少ないけど休日が少ないという業種やその逆のパターンもあるので注意が必要です。

 

ワークライフバランスとして残業の少なさと休日の多さのどちらを優先すべきかよく考えておくとよいかもしれません。

 

面接で転職理由はどう言えばいい?

ワークライフバランスが理由で転職する際の落とし穴とは?

 

転職の面接で「ワークライフバランスを重視したくて転職しました」と正直に伝えてよいものでしょうか?

 

結論から言うと、面接ではこの理由は話さない方がいいです。

 

なぜなら、この言い方だとネガティブな理由で転職したと思われるからです。

 

ただし、

 

「残業が多く休日が少ないせいで自己研鑽のための時間が十分に取れなかったから、もっと時間を確保できる仕事をしたい」

 

という理由なら前向きでポジティブな印象を与えられます。

 

自分の生活の質を上げたい、だと個人優先の感じですが、仕事の質を上げたいから、ならより会社に貢献してくれそうな感じになります。

 

ただし企業によってこの辺の考え方はいろいろなので、言う場合はよく伝え方を考えた方がよいでしょう。

 

まとめ

ワークライフバランスの良い業界、職種や、転職の面接でワークライフバランスが理由の場合の上手な伝え方について紹介しました。

 

伝え方をよく考えてから言わないとかえって悪印象になってしまうので気をつけた方がよいのですが、一人で考えてもよい答えはなかなか浮かびません。

 

そこで活用してほしいのが転職エージェントです。

 

転職エージェントのキャリアアドバイザーは転職理由、志望動機のチェックや、履歴書の添削、面接対策なども指導してくれます。

 

加えて多数の非公開求人を抱えており、企業や業界についても熟知しています。登録したら必ず転職しなければいけないわけではないので、もっと気軽に登録して利用してみましょう。

 

 

関連ページ

転職サイトと転職エージェントの違い
初めての転職。6つの準備しておくべきことは?
転職の書類選考で落ちない履歴書の書き方
転職エージェント使うメリット・デメリットとは?
40代からの転職を成功させるコツとは?
ハイクラス転職で成功するためのポイントと注意点は?
外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?
転職で人事の目に止まる職務経歴書の書き方は?
転職の面接対策!よく聞かれる質問と回答例は?
50代からの転職が難しい理由と成功する活動方法とは?
転職したけど合わない・馴染めない。失敗した人の共通点とは?
大企業から中小企業に転職するメリット・デメリットは?
英語力が活かせる転職先の見つけ方とは?
ヘッドハンターとは?なぜ転職で重宝されるのか?
ベンチャー企業へ転職して後悔!よくある失敗例は?
営業職の平均年収が高い企業ランキングは?
転職すると年収は上がる?下がる?どっちが正解?
【職種別・業種別】高年収な職業の最新ランキングは?
20代で転職を成功させるコツとは?
営業を辞めたいから転職はアリ?失敗しないための考え方とは?
転職エージェントの上手な断り方は?退会方法や紹介案件・内定の辞退
転職でしんどいと感じることって何?
結婚前?結婚後?転職する最高のタイミングとは?
30代で未経験の職種へ転職して成功するには?
営業から事務へ転職。志望動機はどうする?
営業職の種類と必要なスキルって?
転職エージェントの面接確約オファーの内定率って?
転職の面接回数は平均どのくらい?多い場合、少ない場合は?
転職の面接時間が30分は短い?平均はどのくらい?
営業にやりがいを感じない?実際はどう?
営業職はなぜ離職率が高いのか?その理由とは?
営業から総務に転職できるの?必要なスキルは何?
営業職ってブラック?激務になりやすい業界は?
派遣の営業は死ぬほどキツい?本音はどう?
保険営業の平均年収ってどのくらい?給与体系の仕組みは?
ハローワークと転職サイトはどちらが使える?
転職の面接で名刺交換ってするべきなの?
転職の面接でベストな服装って(男女別)
第二新卒の退職理由は伝え方が大事な理由って?
営業職が転職するときは退職理由に注意!
美容師から転職するならどの業種がいい?
年間休日110日って普通なの?平均はどのくらい?
退職時に残った有給休暇を消化したいが可能?
転職時に内定もらったけど保留したい場合の上手な伝え方
退職届の上手な書き方を教えて!(テンプレ付き)
転職のスケジュール逆算して準備するとうまくいく
社内転職の成功方法とメリット・デメリットとは?
ブランクがあるけど転職したい場合はどうする?
転職でミスマッチはなぜ起こるのか?
転職では即戦力が採用されるは実は間違いだった?
50代の女性でも転職で正社員になれるの?
人間関係がイヤで転職する時の注意点とは?
転職の企業研究・業界研究の上手なやり方は?
転職する際に知っておくべき心構えとは?
転職の求人票の見方と嘘の見破り方とは?
転職エージェントとの面談ってなにを話すの?
転職エージェントに複数登録した方がいい理由は?
転職エージェントから連絡が来ない本当の理由は?
転職エージェント経由と直接応募とどっちがいいの?
転職の面接を成功に導く自己紹介の仕方とは?
転職の最終面接での合格率ってどのくらい?
転職の面接のお礼メールと返信のマナーとは?
働きながら転職活動する方法。転職エージェントに登録するとバレる?
第二新卒の職務経歴書の上手な書き方は?
フリーターが転職する際の履歴書の書き方って?
本当にあった!?面接で落ちたNG理由とは?
転職面接で不採用の場合、理由って聞いてもいいの?
30代の転職でよくある失敗例とは?
未経験からの転職で女性におすすめの職種は?
35歳の女性が転職するのは厳しい?成功させるコツは?
大学中退者の就職活動の流れと職種・業界の選び方
高卒で転職すると給料はどうなる?おすすめ職種は?
営業に向いてない人ってどんな人?
営業職で転職しやすいオススメの企業って?
研究職からの転職でおすすめの転職先は?
海外移住で失敗しない現地の転職先の選び方とは?