転職エージェント使うメリット・デメリットとは?

MENU

転職エージェント使うメリット・デメリットとは?

転職エージェント使うメリット・デメリットとは?

 

転職エージェントを使った方がいいのか、使わない方がいいのか迷うことはありませんか?

 

一体どんなサービスが受けられるのか?

 

使った方がいい人と使わない方がいい人の違いは?

 

そこで転職エージェントを上手に使う方法や、メリット・デメリットについて詳しく紹介します。

 

転職エージェントを使うメリットは?

転職エージェントが提供してくれるサービスを知れば、使うメリットがたくさんあることが分かります。

メリット1:面倒な手続きを代行してくれる

転職エージェント使うメリット・デメリットとは?

 

自分で応募して面接の日程を調整したり、採用条件をいろいろ交渉するのは大変です。

 

特に給与条件はあまり要求しすぎると悪印象になりかねません。

 

そういう場合は冷静な第三者が間に入ることで思いもよらない好条件をゲットできる可能性もあります。

 

実際に転職エージェントに登録して感じるメリットとして一番大きいのは複数の会社との日程調整をやってくれることです。

 

1つの企業でも何回も面接があり、それが同時並行で進行していくとなると目が回るようない忙しさです。

 

それを自分に変わって管理してくれるだけでも登録するメリットは大きいでしょう。

 

 

メリット2:情報提供してくれる

転職エージェント使うメリット・デメリットとは?

 

転職エージェントは業界や企業の事情についていろいろと情報を持っています。

 

特に未知の業界に転職を希望する場合は、彼らが持っている情報を知るだけでも価値があります。

 

業界が違うと社風も違うし、職務内容も大きく異なります。入社後に「そんなはずじゃなかった・・・」という事態も避けられるでしょう。

 

また転職エージェントは非公開求人をたくさん抱えています。

 

非公開求人というのは企業がターゲットの条件に合致する人だけにアプローチするための求人です。

 

転職エージェントは公開されている求人よりも非公開求人の方が多く、実に8割は非公開だと言われています。

 

エージェントがあなたの職歴や特技、希望条件を聞いた上で、条件に合致する非公開求人を紹介してくれるので、登録しない手はありません。

 

自分だけで調べても限界があるので、こうした転職エージェントをうまく活用するのが成功の秘訣と言えます。

 

 

メリット3:書類の添削と面接対策をしてくれる

転職エージェント使うメリット・デメリットとは?

 

久しぶりに書いた履歴書や職務経歴書の内容が果たしていいのか誰かに見てもらいと思ったことはありませんか?

 

そんな時に頼りになるのがエージェントです。

 

自分では気づかない強みなどを第三者の視点でアドバイスしてくれるし、プロの目を通すことで、書類選考を通過する確率も高まります。

 

また面接についても、エージェントは多くの人の面接指導の経験があるので、本番の前に一度練習できればありがたいですよね?

 

エージェントによっては企業の人事担当者と面識があり、この企業ならこういう人材が求められていると熟知しています。

 

そうした観点からアドバイスや模擬面接をしてくれるのが転職エージェントのメリットと言えます。

 

 

メリット4:給与交渉してくれる

転職エージェント使うメリット・デメリットとは?

 

転職では求職する人は応募する立場なので、自分の希望があっても強く言えないことがあります。

 

特に給与面では住宅ローンや教育費など家庭の事情である程度の年収を確約してほしい一面があります。

 

ただし伝え方は難しいです。あまり給与面でゴネすぎると面倒くさい人に思われて悪印象を抱かれる恐れがあります。

 

そういう場合に頼りになるのが転職エージェントで、事前にこれくらいの給与が欲しい、などの条件を伝えれば代わりに交渉してくれます。

 

彼らも1人転職に成功するたびに仲介手数料が稼げるので頑張って交渉してくれますよ。

 

転職エージェントを使うデメリットは?

転職エージェント使うメリット・デメリットとは?

 

転職エージェントを使うのはメリットばかりではなく、デメリットも存在します。

 

転職エージェントも営利企業のため、早く稼ぎたい、もっとたくさん稼ぎたいという本音があります。

 

そのため、彼らの都合のよいように転職活動が進められて、本意ではなかった転職先に決まってしまうこともありえます。

 

 

デメリット1:内定が決まると他を紹介してくれなくなる

たとえば、いくつかの企業に絞って転職活動を進めようとしていたけど、内定が一つ決まったら、それ以降、あまり積極的に企業を紹介してくれなくなった、とか。

 

エージェントにすれば早めに内定を決めて早く企業からの報酬が欲しいのでしょう。

デメリット2:内定率が高い企業を紹介してくる

また少しでも内定率を上げるために、求職者の希望する企業よりも、内定が決まりやすい企業を紹介する傾向があります。

 

内定が決まりやすいということは、大量に募集しているわけで、その分、裏で離職率が高い可能性があります。いわゆるブラック企業の可能性があります。

 

 

デメリット3:得意分野の求人ばかり紹介してくる

これは転職エージェント選びにも関わりますが、転職エージェント、またはキャリアアドバイザーにより得意とする業界に偏りがあることがあります。

 

そのため、アドバイザーの得意な業界の求人ばかり押し付けられる可能性もあります。

 

 

デメリット4:年収の高い企業ばかり紹介してくる

転職エージェントの報酬額は、内定が決まり就業後に一定期間経過したら、その人の年収の約3分の1程度の金額が企業から支払われます。

 

つまり年収の高い企業に内定が決まればその分、エージェント側の報酬も高くなります。

 

そのため、希望してないのにやたら年収の高い企業ばかり紹介してくる可能性があります。

 

年収が高い企業というのは、高い理由があります。求められるスキルが高かったり、離職率が高かったり、残業が長時間あったりと。

 

本人が給料は低くても労働条件のよい職場を望んでいても、それを無視されて給料が高い企業を紹介されるかもしれません。

 

転職エージェントを使った方がいい人とは?

転職エージェントにはいろいろとメリット・デメリットが存在しますが、エージェントを使った方がいい人、使わなくてもいい人とはどんな人でしょうか?

 

 

使わなくてもいい人

転職エージェントに求人を依頼してない企業

転職エージェント使うメリット・デメリットとは?

 

たとえば中小企業や創業間もないベンチャー企業、あるいは財団法人・学校法人など、少し特殊なところ。

 

これらはいくら転職エージェントに登録しても求人を見かけることはめったにありません。

 

創業間もない会社の場合、人手不足でも、企業としての実績に欠けるため募集しても応募してくれない可能性が高いからです。

 

求人がない場合は直接企業のホームページから問い合わせてみる方がよいでしょう。

 

 

エージェントの手を借りなくても自力で出来る人

転職エージェント使うメリット・デメリットとは?

 

同じ業界の中で転職するならこれまでの知識と経験が活かせるのでスムーズに転職活動ができます。

 

また高いスキルや経験があれば転職先でも評価されるため、比較的優位に転職活動ができるでしょう。

 

こういう方は特にエージェントの手を借りなくても問題はないでしょう。

 

 

使った方がいい人

知らない業界に転職したい人

転職エージェント使うメリット・デメリットとは?

 

自分の経験したことのない業界に転職を考える場合、その業界や企業の情報や、求められる職務内容や適性なども分からないことが多いです。

 

そういう場合は転職エージェントを使うといろいろ教えてもらえるし、相談にも乗ってもらえます。

 

業界が未経験でも、積極的に情報を集めている姿勢が伝われば内定率が上がる可能性があります。そういう意味でもエージェントは活用すべきでしょう。

 

 

転職しようかモヤモヤしてる人

転職エージェント使うメリット・デメリットとは?

 

今の会社や仕事に不満があり、何となく漠然と転職しようかなと考えている人は多いと思います。

 

なぜ転職するのか、どういう仕事をしたいのか、など自分のこれからの人生設計についてモヤモヤと考えている場合、誰かに話を聞いてもらえると整理できます。

 

エージェントはこれからのキャリア設計の手助けをするプロフェッショナルなので活用するといいでしょうね。

 

 

書類や面接に不安がある人

転職エージェント使うメリット・デメリットとは?

 

書類の書き方や面接に不安がある場合、自分で何とかしようとするよりもプロにお願いして添削や模擬面接してもらう方が選考を通過する確率は高くなります。

 

エージェントは企業側の目線でアドバイスをくれるので、第一希望の会社にどうしても行きたいという場合は多いに助かります。

 

 

働きながら転職活動する人

転職エージェント使うメリット・デメリットとは?

 

複数の企業に応募すると連絡がきて面接の日程調整に悩まされることになります。

 

その点、エージェントに任せるとこちらの希望に沿ってうまく調整してくれるので現職に支障が出ることもありません。

 

転職先が決まってからスムーズに退職したい人にはおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?転職エージェントのメリット・デメリットや、使った方がいい人・使わない方がいい人について紹介してきました。

 

転職エージェントの中には特定の業界に特化した中堅規模の会社も多くあるので、エージェントにより得意分野が違うので複数の会社に登録しておくのがおすすめです。

 

登録する場合は大手1~2社、中堅・特化型1社で合計3社くらいが多すぎず少なすぎずいいでしょう。

 

もし不安がある場合は実際にキャリアアドバイザーに面談してから決めてもいいかもしれません。

 

 

関連ページ

転職サイトと転職エージェントの違い
初めての転職。6つの準備しておくべきことは?
転職の書類選考で落ちない履歴書の書き方
40代からの転職を成功させるコツとは?
ハイクラス転職で成功するためのポイントと注意点は?
外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?
転職で人事の目に止まる職務経歴書の書き方は?
転職の面接対策!よく聞かれる質問と回答例は?
50代からの転職が難しい理由と成功する活動方法とは?
転職したけど合わない・馴染めない。失敗した人の共通点とは?
大企業から中小企業に転職するメリット・デメリットは?
英語力が活かせる転職先の見つけ方とは?
ヘッドハンターとは?なぜ転職で重宝されるのか?
ベンチャー企業へ転職して後悔!よくある失敗例は?
営業職の平均年収が高い企業ランキングは?
転職すると年収は上がる?下がる?どっちが正解?
【職種別・業種別】高年収な職業の最新ランキングは?
20代で転職を成功させるコツとは?
営業を辞めたいから転職はアリ?失敗しないための考え方とは?
転職エージェントの上手な断り方は?退会方法や紹介案件・内定の辞退
転職でしんどいと感じることって何?
結婚前?結婚後?転職する最高のタイミングとは?
30代で未経験の職種へ転職して成功するには?
営業から事務へ転職。志望動機はどうする?
営業職の種類と必要なスキルって?
転職エージェントの面接確約オファーの内定率って?
転職の面接回数は平均どのくらい?多い場合、少ない場合は?
転職の面接時間が30分は短い?平均はどのくらい?
営業にやりがいを感じない?実際はどう?
営業職はなぜ離職率が高いのか?その理由とは?
営業から総務に転職できるの?必要なスキルは何?
営業職ってブラック?激務になりやすい業界は?
派遣の営業は死ぬほどキツい?本音はどう?
保険営業の平均年収ってどのくらい?給与体系の仕組みは?
ハローワークと転職サイトはどちらが使える?
転職の面接で名刺交換ってするべきなの?
転職の面接でベストな服装って(男女別)
第二新卒の退職理由は伝え方が大事な理由って?
営業職が転職するときは退職理由に注意!
美容師から転職するならどの業種がいい?
年間休日110日って普通なの?平均はどのくらい?
退職時に残った有給休暇を消化したいが可能?
転職時に内定もらったけど保留したい場合の上手な伝え方
退職届の上手な書き方を教えて!(テンプレ付き)
転職のスケジュール逆算して準備するとうまくいく
社内転職の成功方法とメリット・デメリットとは?
ブランクがあるけど転職したい場合はどうする?
転職でミスマッチはなぜ起こるのか?
転職では即戦力が採用されるは実は間違いだった?
50代の女性でも転職で正社員になれるの?
人間関係がイヤで転職する時の注意点とは?
ワークライフバランスが理由で転職する際の落とし穴とは?
転職の企業研究・業界研究の上手なやり方は?
転職する際に知っておくべき心構えとは?
転職の求人票の見方と嘘の見破り方とは?
転職エージェントとの面談ってなにを話すの?
転職エージェントに複数登録した方がいい理由は?
転職エージェントから連絡が来ない本当の理由は?
転職エージェント経由と直接応募とどっちがいいの?
転職の面接を成功に導く自己紹介の仕方とは?
転職の最終面接での合格率ってどのくらい?
転職の面接のお礼メールと返信のマナーとは?
働きながら転職活動する方法。転職エージェントに登録するとバレる?
第二新卒の職務経歴書の上手な書き方は?
フリーターが転職する際の履歴書の書き方って?
本当にあった!?面接で落ちたNG理由とは?
転職面接で不採用の場合、理由って聞いてもいいの?
30代の転職でよくある失敗例とは?
未経験からの転職で女性におすすめの職種は?
35歳の女性が転職するのは厳しい?成功させるコツは?
大学中退者の就職活動の流れと職種・業界の選び方
高卒で転職すると給料はどうなる?おすすめ職種は?
営業に向いてない人ってどんな人?
営業職で転職しやすいオススメの企業って?
研究職からの転職でおすすめの転職先は?
海外移住で失敗しない現地の転職先の選び方とは?