人間関係がイヤで転職する時の注意点とは?

MENU

人間関係がイヤで転職する時の注意点とは?

人間関係がイヤで転職する時の注意点とは?

 

今の職場の人間関係が辛くてもう転職したい…そう思う方もいると思います。

 

でも転職の理由を人間関係にしてしまうと落とされるのでは?と不安になりませんか?

 

そこで職場の人間関係がイヤで転職する場合に気をつけた方がよい点について紹介します。

 

人間関係で悩んでいる人はけっこういる!

人間関係がイヤで転職する時の注意点とは?

 

長時間一緒にいる職場だと人間関係の悩みって発生しやすいですよね?

 

「人間関係がギスギスして雰囲気がイヤ…」
「上司のやり方についていけない…」

 

悩んでストレスがたまって会社に行くのもイヤになる、なんてことはよくあることです。

 

でも人間関係が理由で転職する人ってどれくらいいるんでしょうか?

 

エン・ジャパンの統計によると人間関係が転職のきっかけになった人は53%で、半分以上の方がイエスです。

 

さらに、今の職場の人間関係に難しさを感じている人は83%にのぼります。

 

まあ、たいていの人はそれに耐えながら日々仕事をしているわけなので、

 

「人間関係が理由で転職するのって逃げなのかな?」と引け目を感じるのも分かります。

 

でもその結果ストレスが溜まって出社拒否になったり、心の病になったら元も子もないですよね?

 

だったら思い切って転職して新天地で頑張る方が心の衛生上いいでしょう。

 

ただし社内の異動や、同僚・上司のサポートで乗り越えることもできるので、人間関係がイヤだから即転職と考える前に今の環境でできるだけ改善に向けて努力してみましょう。

 

面接で転職理由って何て言えばいいの?

人間関係がイヤで転職する時の注意点とは?

 

だからといって「人間関係がイヤになったから転職しました」と正直に言っては「入社しても同じことを繰り返してすぐ辞めてしまうのでは?」と不安視されてしまいます。

 

そこで転職理由をもっとポジティブで前向きなものに言い換える必要が出てきます。

 

人間関係に問題があったとは言わない方がいいでしょう。

 

言い換えるなら、前の職場には問題はなかったけど社員同士の情報の共有が十分ではなかったので、もっとコミュニケーションが密な会社で働きたい、などとよりよい環境を求めて転職した感じにしましょう。

 

この辺は一人で悩んで考えてもいい答えは出てこないので、思い切ってプロに相談した方がよいです。

 

転職エージェントに登録するとキャリアアドバイザーが転職理由や志望動機についていろいろ指導してもらえますよ。

 

人間関係が原因で転職を繰り返さないためには?

人間関係がイヤで転職する時の注意点とは?

 

人間関係がイヤになって転職した場合、全ての他人のせいにしていると、次の職場でも同じことを繰り返す可能性があります。

 

人間関係がダメになった原因が自分の中にもなかったかもう一度考えてみましょう。決してゼロではないはずです。

 

誰にも相談せず一人で悩みを抱えてストレスに耐えきれなくなった、というなら、早い段階で同僚や上司、人事などに相談してみることをおすすめします。

 

またコミュニケーションのとり方をもっと工夫したり、自分から心を開いて打ち解けるために努力するなど、やれることがなかったか検討してみましょう。

 

次に転職先を選ぶ際はリサーチをしっかり行いましょう。

 

できれば会社に職場見学したいとお願いしてみるのも手です。自分で言いづらい場合は転職エージェントに代わりに言ってもらう方法もあります。

 

口コミサイトで社風について調べてみたりやれることはあるはずです。

 

最後に自分の中で優先順位をしっかり決めることです。

 

たとえ人間関係に不満があったとしても、他の要素たとえば給料と休日の多さ、残業が少ないなど自分にとって優先順位が高いものが満たされているならどうでしょうか?

 

もしかしたら転職した結果、さきほどの優先順位の高い要素が得られない可能性もあります。簡単には転職しない方がよいでしょう。

 

まとめ

人間関係がきっかけで転職する人は半数以上おり、決して逃げではないこと、しかし面接では転職理由を言うときはうまく言い換える必要があること、そして同じことを繰り返さないための方法について紹介しました。

 

人間関係が原因で転職する場合、面接で理由をしっかり考えないと落とされるリスクがあること、さらに人間関係でつまづいた人は新しい会社でも同じことが原因で辞めてしまいやすいリスクもあります。

 

一人で思い悩んでも解決しないときは転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみることをおすすめします。

 

 

関連ページ

転職サイトと転職エージェントの違い
初めての転職。6つの準備しておくべきことは?
転職の書類選考で落ちない履歴書の書き方
転職エージェント使うメリット・デメリットとは?
40代からの転職を成功させるコツとは?
ハイクラス転職で成功するためのポイントと注意点は?
外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?
転職で人事の目に止まる職務経歴書の書き方は?
転職の面接対策!よく聞かれる質問と回答例は?
50代からの転職が難しい理由と成功する活動方法とは?
転職したけど合わない・馴染めない。失敗した人の共通点とは?
大企業から中小企業に転職するメリット・デメリットは?
英語力が活かせる転職先の見つけ方とは?
ヘッドハンターとは?なぜ転職で重宝されるのか?
ベンチャー企業へ転職して後悔!よくある失敗例は?
営業職の平均年収が高い企業ランキングは?
転職すると年収は上がる?下がる?どっちが正解?
【職種別・業種別】高年収な職業の最新ランキングは?
20代で転職を成功させるコツとは?
営業を辞めたいから転職はアリ?失敗しないための考え方とは?
転職エージェントの上手な断り方は?退会方法や紹介案件・内定の辞退
転職でしんどいと感じることって何?
結婚前?結婚後?転職する最高のタイミングとは?
30代で未経験の職種へ転職して成功するには?
営業から事務へ転職。志望動機はどうする?
営業職の種類と必要なスキルって?
転職エージェントの面接確約オファーの内定率って?
転職の面接回数は平均どのくらい?多い場合、少ない場合は?
転職の面接時間が30分は短い?平均はどのくらい?
営業にやりがいを感じない?実際はどう?
営業職はなぜ離職率が高いのか?その理由とは?
営業から総務に転職できるの?必要なスキルは何?
営業職ってブラック?激務になりやすい業界は?
派遣の営業は死ぬほどキツい?本音はどう?
保険営業の平均年収ってどのくらい?給与体系の仕組みは?
ハローワークと転職サイトはどちらが使える?
転職の面接で名刺交換ってするべきなの?
転職の面接でベストな服装って(男女別)
第二新卒の退職理由は伝え方が大事な理由って?
営業職が転職するときは退職理由に注意!
美容師から転職するならどの業種がいい?
年間休日110日って普通なの?平均はどのくらい?
退職時に残った有給休暇を消化したいが可能?
転職時に内定もらったけど保留したい場合の上手な伝え方
退職届の上手な書き方を教えて!(テンプレ付き)
転職のスケジュール逆算して準備するとうまくいく
社内転職の成功方法とメリット・デメリットとは?
ブランクがあるけど転職したい場合はどうする?
転職でミスマッチはなぜ起こるのか?
転職では即戦力が採用されるは実は間違いだった?
50代の女性でも転職で正社員になれるの?
ワークライフバランスが理由で転職する際の落とし穴とは?
転職の企業研究・業界研究の上手なやり方は?
転職する際に知っておくべき心構えとは?
転職の求人票の見方と嘘の見破り方とは?
転職エージェントとの面談ってなにを話すの?
転職エージェントに複数登録した方がいい理由は?
転職エージェントから連絡が来ない本当の理由は?
転職エージェント経由と直接応募とどっちがいいの?
転職の面接を成功に導く自己紹介の仕方とは?
転職の最終面接での合格率ってどのくらい?
転職の面接のお礼メールと返信のマナーとは?
働きながら転職活動する方法。転職エージェントに登録するとバレる?
第二新卒の職務経歴書の上手な書き方は?
フリーターが転職する際の履歴書の書き方って?
本当にあった!?面接で落ちたNG理由とは?
転職面接で不採用の場合、理由って聞いてもいいの?
30代の転職でよくある失敗例とは?
未経験からの転職で女性におすすめの職種は?
35歳の女性が転職するのは厳しい?成功させるコツは?
大学中退者の就職活動の流れと職種・業界の選び方
高卒で転職すると給料はどうなる?おすすめ職種は?
営業に向いてない人ってどんな人?
営業職で転職しやすいオススメの企業って?
研究職からの転職でおすすめの転職先は?
海外移住で失敗しない現地の転職先の選び方とは?