50代の女性でも転職で正社員になれるの?

MENU

50代の女性でも転職で正社員になれるの?

 

50代の女性というと既婚者なら子育ても落ち着いてきた頃です。

 

もっと収入を増やしたいとかやりがいのある仕事を求めていろいろな理由で転職を考えている女性も多いことでしょう。

 

でも50代となると正社員はなかなか難しそうで不安ですよね?

 

そこで50代女性でも転職で正社員になれるのかどうかを紹介します。

 

50代女性でも転職で正社員になれるか?

50代の女性でも転職で正社員になれるの?

 

結論から言えば可能です。ただし、正社員として転職するなら即戦力となるスキルや経験がないと難しいです。

 

資格の必要な仕事を経験してきた女性なら比較的転職しやすいと言えます。

 

逆に今までパートやアルバイトの経験しかない女性だと正社員はハードルが高いでしょう。

 

今は50代の女性でも転職しやすい環境になっています。

 

理由としては女性の活用を考える企業が増えて、優秀な人材なら積極的に採用しているからです。

 

また50代だと子育ても終わり、子供の急病で早退するようなこともなく、また体力もまだあります。

 

女性の場合、若い世代の方が結婚や子育てで辞めたり育休を取ることが多いので、企業としても50代の方が計算できてありがたい側面があります。

 

50代女性でも本当に正社員として働けるか?

50代の女性でも転職で正社員になれるの?

 

そうは言っても50代だと本当に働けるか気になりますよね?

 

たとえば年齢的に求人に応募しても相手にしてもらえるかどうか?

 

年齢だけで足切りされる可能性もある中で、50代という年齢でも採用を考えてくれる企業があるのか気になります。

 

また実際に入社できたとしても働く体力は大丈夫か?

 

若いときと違って体力も落ちてきてるし、腰痛や肩こりを抱えていたら体力に不安も出てきます。

 

また通勤時間の長さも気になります。

 

家庭で家事をしているので、朝や夕方はいろいろ忙しいから通勤時間があまり長いと両立が難しくなります。

 

50代女性が転職を成功させるには?

50代の女性でも転職で正社員になれるの?

 

転職先を選ぶときに給与の高さで選んでしまうと仕事がキツかったり残業が多かったりする可能性があるので、入社後にミスマッチが起こりがちです。

 

そこで転職を成功させるコツについて紹介します。

1.経験やスキルを活かせる仕事

これまで正社員として働いてきた経験を活かせるような仕事が一番条件もよくキャリアも活かせます。

 

異業種だと給料が下がるかもしれないので、できれば前職と同じ業界の方が望ましいでしょう。

 

資格があると強いですが、50代ということもあり、年相応のコミュニケーション、落ち着いた雰囲気など若い人とは違うアピールポイントもあります。

2.体力的に続けられる仕事

50代で体力面で不安があると若いときのようには働けない可能性があります。

 

今の年齢の体力で働ける仕事を優先して選ぶのも一つのやり方です。

 

長時間勤務や立ち仕事、身体を動かす仕事などは50代になるとキツくなります。

 

定年退職まで働きつづけるつもりでも途中で身体を壊してしまっては元も子もないですよね?

 

体力的に続けられて、かつやりがいを感じられるような仕事を選ぶとよいでしょう。

3.転職エージェントの活用

50代女性が転職活動を行うのは、20代や30代よりも大変です。

 

なぜなら20代や30代なら求人も多いけどさすがに50代になると求人もグッと減ってくるからです。

 

少ないと探すのも大変だし、なかなか希望の条件に合う企業も見つかりづらいでしょう。

 

一人で転職活動してもすぐに限界が来るので、そういう時に活用してほしいのが転職エージェントです。

 

転職エージェントでは希望に合う企業を紹介してもらえるし、履歴書の添削、面接の対策まで幅広く相談に乗ってくれますよ。

 

まとめ

50代女性が正社員として転職するのは可能かどうか、そして成功させるコツについて紹介してきました。

 

転職エージェントの活用が一番おすすめですが、エージェントも得意不得意の分野があるので、できれば女性に特化したエージェントを選んだ方がよいでしょう。

 

ただしパートやアルバイトでもいい、というなら、転職エージェントではなく転職サイトでもいいかもしれません。

 

転職サイトだとサイトの中から求人を選んで自分で応募する形になりますが、気軽に選んで応募できるので応募するまでのハードルが低くなります。

 

転職サイトにも総合型や特化型などタイプがいろいろあるので複数のサイトを使うとよいでしょう。

 

 

関連ページ

転職サイトと転職エージェントの違い
初めての転職。6つの準備しておくべきことは?
転職の書類選考で落ちない履歴書の書き方
転職エージェント使うメリット・デメリットとは?
40代からの転職を成功させるコツとは?
ハイクラス転職で成功するためのポイントと注意点は?
外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?
転職で人事の目に止まる職務経歴書の書き方は?
転職の面接対策!よく聞かれる質問と回答例は?
50代からの転職が難しい理由と成功する活動方法とは?
転職したけど合わない・馴染めない。失敗した人の共通点とは?
大企業から中小企業に転職するメリット・デメリットは?
英語力が活かせる転職先の見つけ方とは?
ヘッドハンターとは?なぜ転職で重宝されるのか?
ベンチャー企業へ転職して後悔!よくある失敗例は?
営業職の平均年収が高い企業ランキングは?
転職すると年収は上がる?下がる?どっちが正解?
【職種別・業種別】高年収な職業の最新ランキングは?
20代で転職を成功させるコツとは?
営業を辞めたいから転職はアリ?失敗しないための考え方とは?
転職エージェントの上手な断り方は?退会方法や紹介案件・内定の辞退
転職でしんどいと感じることって何?
結婚前?結婚後?転職する最高のタイミングとは?
30代で未経験の職種へ転職して成功するには?
営業から事務へ転職。志望動機はどうする?
営業職の種類と必要なスキルって?
転職エージェントの面接確約オファーの内定率って?
転職の面接回数は平均どのくらい?多い場合、少ない場合は?
転職の面接時間が30分は短い?平均はどのくらい?
営業にやりがいを感じない?実際はどう?
営業職はなぜ離職率が高いのか?その理由とは?
営業から総務に転職できるの?必要なスキルは何?
営業職ってブラック?激務になりやすい業界は?
派遣の営業は死ぬほどキツい?本音はどう?
保険営業の平均年収ってどのくらい?給与体系の仕組みは?
ハローワークと転職サイトはどちらが使える?
転職の面接で名刺交換ってするべきなの?
転職の面接でベストな服装って(男女別)
第二新卒の退職理由は伝え方が大事な理由って?
営業職が転職するときは退職理由に注意!
美容師から転職するならどの業種がいい?
年間休日110日って普通なの?平均はどのくらい?
退職時に残った有給休暇を消化したいが可能?
転職時に内定もらったけど保留したい場合の上手な伝え方
退職届の上手な書き方を教えて!(テンプレ付き)
転職のスケジュール逆算して準備するとうまくいく
社内転職の成功方法とメリット・デメリットとは?
ブランクがあるけど転職したい場合はどうする?
転職でミスマッチはなぜ起こるのか?
転職では即戦力が採用されるは実は間違いだった?
人間関係がイヤで転職する時の注意点とは?
ワークライフバランスが理由で転職する際の落とし穴とは?
転職の企業研究・業界研究の上手なやり方は?
転職する際に知っておくべき心構えとは?
転職の求人票の見方と嘘の見破り方とは?
転職エージェントとの面談ってなにを話すの?
転職エージェントに複数登録した方がいい理由は?
転職エージェントから連絡が来ない本当の理由は?
転職エージェント経由と直接応募とどっちがいいの?
転職の面接を成功に導く自己紹介の仕方とは?
転職の最終面接での合格率ってどのくらい?
転職の面接のお礼メールと返信のマナーとは?
働きながら転職活動する方法。転職エージェントに登録するとバレる?
第二新卒の職務経歴書の上手な書き方は?
フリーターが転職する際の履歴書の書き方って?
本当にあった!?面接で落ちたNG理由とは?
転職面接で不採用の場合、理由って聞いてもいいの?
30代の転職でよくある失敗例とは?
未経験からの転職で女性におすすめの職種は?
35歳の女性が転職するのは厳しい?成功させるコツは?
大学中退者の就職活動の流れと職種・業界の選び方
高卒で転職すると給料はどうなる?おすすめ職種は?
営業に向いてない人ってどんな人?
営業職で転職しやすいオススメの企業って?
研究職からの転職でおすすめの転職先は?
海外移住で失敗しない現地の転職先の選び方とは?