30代で未経験の職種へ転職して成功するには?

MENU

30代で未経験の職種へ転職して成功するには?

30代で未経験の職種へ転職して成功するには?

 

30代になってから転職を考える人は大勢いるでしょう。

 

しかし全く未経験の職種へ転職しようとして果たして成功できるのでしょうか?

 

30代だと結婚して子供もいたりするので、失敗はしたくないですよね?

 

そこで30代で未経験の職種へ転職する方法を紹介します。

 

30代で未経験の職種への転職は可能か?

30代で未経験の職種へ転職して成功するには?

 

結論から言うと、正直厳しいです。

 

なぜなら年齢が高いので若さやポテンシャルが期待できないからです。

 

20代前半と30代後半だと初めてのことに対する吸収力は違いますよね?未経験の職種に挑戦するなら若い方が有利なのはたしかです。

 

もし30代で未経験の職種へ転職するなら、新しい仕事に対する意欲が高く、かつスポンジのように何でも吸収し、適応していく能力が求められます。

 

人は年を重ねると自分の仕事のスタイルが出来てくるので、円熟味が出てくる分、頑固さも出てきます。

 

より保守的になり、新しいものに対して懐疑的になりやすいです。そういう意味では若ければ若いほど有利なんです。

 

それに未経験の職種への転職だと必ず給料は今よりも下がります。

 

では未経験でなかったら?はい、条件にもよりますが、同じ職種なら有利になります。

 

たとえば営業を5年以上経験してきた人が同じ営業で転職するならその実績が評価されます。

 

その場合、前職と同じくらいの給料がもらえる可能性があります。

 

ただし、同じ職種でも異動が何度もあり、営業は1年しか経験してない、となると経験不足を指摘されていまいます。

 

もし同じ業界の同じ職種で働いていたなら、30代で転職したとしてもうまくいく可能性は高くなるでしょう。

 

30代の転職には何が求められるのか?

30代で未経験の職種へ転職して成功するには?

 

20代なら知識も経験もスキルも不足している分、ポテンシャルが期待されるところですが、30代は違います。

 

30代の場合、即戦力として経験や実績、スキル、専門的知識、また現場をまとめるリーダーとしてマネジメント能力も求められています。

 

また現場で年下の先輩に教えを受ける機会も多くなるので、素直さ、親しみやすさ、コミュニケーション能力、適応力も必須です。

 

仕事に対しても、上からの指示を待つのではなく、自ら仕事を見つけて動くくらいの意欲や行動力が求められるでしょう。

 

30代の転職を成功させるには?

30代で未経験の職種へ転職して成功するには?

 

 

1.明確な志望動機

年齢からくる焦りや将来への不安など、漠然とした理由、曖昧な理由で転職した人は入社後も適応できずすぐ退職したり転職を繰り返します。

 

そうした失敗を防ぐにはなぜ転職したいのか?その理由を明確にする必要があります。

 

前職が辛いから転職する、では理由にはなりません。

 

先に自分のやりたいこと、目指す将来像があり、そこに行き着くためには転職する必要があり、自分のやりたいことと企業の向かう先が一致するからここを志望した、というストーリーが必要です。

 

 

2.見当違いの企業に応募しない

30代の自分が転職市場でどう評価されるのか気になりませんか?前職での経験が評価されるかどうかは受ける企業にもよります。

 

自分では評価されると思っていたのに企業側からは全く評価されないなど、市場価値にミスマッチがあるとなかなか転職も決まりません。

 

自分の価値を正しく知り、その自分に合った会社を見つけることがもっとも効率的です。

 

 

3.適応力があることをアピールする

見た目や言動が年寄り臭く、保守的で新しいことに対して敬遠しがちだと適応力がないとみなされて落とされてしまいます。

 

ではどうすればいいか?まずは見た目です。年齢よりも若々しく見られるように身だしなみやファッションも意識しましょう。

 

次に最新の流行や話題、技術に対して好奇心を持つこと。ビジネスマンで日経新聞しか読まなくて、自分の専門以外のニュースを全然知らない人ってよくいますよね?

 

それよりもテレビや雑誌をよく見たり、若い人が注目してるものに興味を持って、分からなければ素直に教えてもらって一緒に楽しむくらいの精神が必要です。

 

郷に入っては郷に従えで、社風や働き方、仕事の勧め方も以前とは違うので、あまり自分のスタイルに固執せずに柔軟に対応するように心がけましょう。

 

まとめ

30代で未経験の職種に転職するのは残念ながら厳しいですが、同じ職種なら比較的スムーズに転職できるでしょう。

 

また30代の転職で求められることや成功のポイントも紹介しました。

 

ただし30代は仕事も忙しくなるので転職活動を進めるのも大変です。

 

そんな時は転職エージェントを利用してみましょう。

 

転職エージェントは豊富な経験からその人に合った企業を紹介してくれます。

 

また面接の日程調整の代行や履歴書の添削、面接対策までやってくれます。

 

他にも非公開求人を多数抱えているので登録する価値は十分あると思いますよ。

 

 

関連ページ

転職サイトと転職エージェントの違い
初めての転職。6つの準備しておくべきことは?
転職の書類選考で落ちない履歴書の書き方
転職エージェント使うメリット・デメリットとは?
40代からの転職を成功させるコツとは?
ハイクラス転職で成功するためのポイントと注意点は?
外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?
転職で人事の目に止まる職務経歴書の書き方は?
転職の面接対策!よく聞かれる質問と回答例は?
50代からの転職が難しい理由と成功する活動方法とは?
転職したけど合わない・馴染めない。失敗した人の共通点とは?
大企業から中小企業に転職するメリット・デメリットは?
英語力が活かせる転職先の見つけ方とは?
ヘッドハンターとは?なぜ転職で重宝されるのか?
ベンチャー企業へ転職して後悔!よくある失敗例は?
営業職の平均年収が高い企業ランキングは?
転職すると年収は上がる?下がる?どっちが正解?
【職種別・業種別】高年収な職業の最新ランキングは?
20代で転職を成功させるコツとは?
営業を辞めたいから転職はアリ?失敗しないための考え方とは?
転職エージェントの上手な断り方は?退会方法や紹介案件・内定の辞退
転職でしんどいと感じることって何?
結婚前?結婚後?転職する最高のタイミングとは?
営業から事務へ転職。志望動機はどうする?
営業職の種類と必要なスキルって?
転職エージェントの面接確約オファーの内定率って?
転職の面接回数は平均どのくらい?多い場合、少ない場合は?
転職の面接時間が30分は短い?平均はどのくらい?
営業にやりがいを感じない?実際はどう?
営業職はなぜ離職率が高いのか?その理由とは?
営業から総務に転職できるの?必要なスキルは何?
営業職ってブラック?激務になりやすい業界は?
派遣の営業は死ぬほどキツい?本音はどう?
保険営業の平均年収ってどのくらい?給与体系の仕組みは?
ハローワークと転職サイトはどちらが使える?
転職の面接で名刺交換ってするべきなの?
転職の面接でベストな服装って(男女別)
第二新卒の退職理由は伝え方が大事な理由って?
営業職が転職するときは退職理由に注意!
美容師から転職するならどの業種がいい?
年間休日110日って普通なの?平均はどのくらい?
退職時に残った有給休暇を消化したいが可能?
転職時に内定もらったけど保留したい場合の上手な伝え方
退職届の上手な書き方を教えて!(テンプレ付き)
転職のスケジュール逆算して準備するとうまくいく
社内転職の成功方法とメリット・デメリットとは?
ブランクがあるけど転職したい場合はどうする?
転職でミスマッチはなぜ起こるのか?
転職では即戦力が採用されるは実は間違いだった?
50代の女性でも転職で正社員になれるの?
人間関係がイヤで転職する時の注意点とは?
ワークライフバランスが理由で転職する際の落とし穴とは?
転職の企業研究・業界研究の上手なやり方は?
転職する際に知っておくべき心構えとは?
転職の求人票の見方と嘘の見破り方とは?
転職エージェントとの面談ってなにを話すの?
転職エージェントに複数登録した方がいい理由は?
転職エージェントから連絡が来ない本当の理由は?
転職エージェント経由と直接応募とどっちがいいの?
転職の面接を成功に導く自己紹介の仕方とは?
転職の最終面接での合格率ってどのくらい?
転職の面接のお礼メールと返信のマナーとは?
働きながら転職活動する方法。転職エージェントに登録するとバレる?
第二新卒の職務経歴書の上手な書き方は?
フリーターが転職する際の履歴書の書き方って?
本当にあった!?面接で落ちたNG理由とは?
転職面接で不採用の場合、理由って聞いてもいいの?
30代の転職でよくある失敗例とは?
未経験からの転職で女性におすすめの職種は?
35歳の女性が転職するのは厳しい?成功させるコツは?
大学中退者の就職活動の流れと職種・業界の選び方
高卒で転職すると給料はどうなる?おすすめ職種は?
営業に向いてない人ってどんな人?
営業職で転職しやすいオススメの企業って?
研究職からの転職でおすすめの転職先は?
海外移住で失敗しない現地の転職先の選び方とは?