転職の面接回数は平均どのくらい?多い場合、少ない場合は?

MENU

転職の面接回数は平均どのくらい?多い場合、少ない場合は?

転職の面接回数は平均どのくらい?多い場合、少ない場合は?

 

転職で面接って何回くらいやるのでしょうか?

 

また思っていたより回数が増えたり減ったりするのはなぜでしょうか?

 

けっこう気になっている人も多いのではないでしょうか?

 

そこで転職の面接回数の平均や回数が増えたり減ったりする理由について紹介します。

 

転職の面接回数は平均どのくらい?

転職の面接回数は平均どのくらい?多い場合、少ない場合は?

 

全体の平均は2~3回ですが、業界や職種によっても異なります。

 

人柄も含めて慎重に見極めたい場合は回数は増えるし、書類選考の段階である程度分かるなら回数は減るでしょう。

 

以下、業界・職種ごとの面接回数です。

 

・営業職

 

営業は人柄やコミュニケーション能力も大切な要素です。そのため、書類では分からない人間性を見ようと回数が増えがちです。多いところは4回やるところもあるようです。

 

・事務職

 

事務職で募集する場合、ある程度のPCスキルや経歴さえ分かればいいので、面接回数も少なくて済みます。

 

・金融、外資系

 

より優秀な人材をふるいにかけるため、多くて4回くらい面接をするところがあるようです。

 

・医療(MR)、技術系(IT系、システム系)

 

書類で分かる経歴やスキルなどにより、ある程度は仕事がこなせるかどうか判断できるため、面接回数も少なくなりがちです。

 

面接回数が増えたり減ったりする理由は?

転職の面接回数は平均どのくらい?多い場合、少ない場合は?

 

企業が慎重に見極めようとすると面接回数は増えますが、たとえば本当に仕事について理解しているのか確かめたかったり、もう少し本人のことを詳しく知りたい場合も回数が増えます。

 

また社内の他部署の人間にも面接を担当させて意見を聞きたい場合もあります。その結果、本来希望していた部署とは別の部署で働くこともありえます。

 

減る場合ですが、そもそも応募している人数が少なければ比較しようがないので、採用するかどうかの判断も早くなります。

 

もう一つ減るパターンとして、その応募者がとても優秀だった場合、早めに判断して即採用することもあります。

 

他にも大量に採用したいから一人にあまり時間をかけない、というケースもあります。

 

一次、二次、最終面接では何が違うの?

転職の面接回数は平均どのくらい?多い場合、少ない場合は?

 

面接回数が3回の場合、一次面接、二次面接、最終面接という段階を踏む企業が多いと思います。

 

2回の場合は一次面接の次が最終面接になります。

 

そこでそれぞれの違いについて紹介します。

1.一次面接

人事の採用担当が面接を行います。履歴書などを見ながら、前職のことや経歴、スキル、志望動機など一通り質問します。

 

面接結果の評価を記入して上司に提出し、最終的に誰を次に進めるか検討することになります。

 

転職理由や志望動機に一貫性があるかどうかはとても重要です。また逆質問のチャンスがあれば積極的に質問して意欲をアピールしましょう。

 

 

2.二次面接

行わい企業もありますが、もしやる場合、一次面接で担当した人以外の人事担当、もしくは応募者が多く、人手が足りない場合は他部署から応援を呼んで面接を担当してもらうこともあります。

 

面接では一次面接と同じことが聞かれます。ただし、すでに一次面接の評価が出ているので、そこから更につっこんで人間性の部分が重視されるでしょう。

 

要は「一緒に働きたいと思えるような人物かどうか」が問われます。

 

 

3.最終面接

最終面接では役員クラス、あるいは社長が出てきます。それまでの部下の評価を元に、それが適切かどうかを判断することになります。

 

問われるのは成長意欲や人間性で、「こいつは入社したら活躍して会社に貢献してくれるだろうか」と見られています。

 

逆質問の機会があっても現場レベルの細々としたことを質問するのではなく、もっと会社全体の経営者視線のことを聞くとよいかもしれません。

 

まとめ

転職の面接回数の平均や、回数が増えたり減ったりする理由、そして面接の違いについて紹介しました。

 

仮に内定が出たとしても、本当に大丈夫だろうかと不安を抱くことも多いです。

 

そういう場合は職場見学させてもらえないか、あるいは直属の上司となるである人とお話ができないか、などお願いしてみるとよいでしょう。

 

ただし個人情報や機密情報を扱うような業界や職種の場合、見学を断られることもあるかもしれませんが、別にブラックではないので安心しましょう。

 

ちないに内定をどうしても取りたいなら転職エージェントを利用するのがよいです。

 

転職エージェントは転職のプロで、企業側の目線にたってアドバイスをしてくれます。

 

また企業や業界の事情に熟知しており、非公開求人を紹介してくれますよ。

 

 

関連ページ

転職サイトと転職エージェントの違い
初めての転職。6つの準備しておくべきことは?
転職の書類選考で落ちない履歴書の書き方
転職エージェント使うメリット・デメリットとは?
40代からの転職を成功させるコツとは?
ハイクラス転職で成功するためのポイントと注意点は?
外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?
転職で人事の目に止まる職務経歴書の書き方は?
転職の面接対策!よく聞かれる質問と回答例は?
50代からの転職が難しい理由と成功する活動方法とは?
転職したけど合わない・馴染めない。失敗した人の共通点とは?
大企業から中小企業に転職するメリット・デメリットは?
英語力が活かせる転職先の見つけ方とは?
ヘッドハンターとは?なぜ転職で重宝されるのか?
ベンチャー企業へ転職して後悔!よくある失敗例は?
営業職の平均年収が高い企業ランキングは?
転職すると年収は上がる?下がる?どっちが正解?
【職種別・業種別】高年収な職業の最新ランキングは?
20代で転職を成功させるコツとは?
営業を辞めたいから転職はアリ?失敗しないための考え方とは?
転職エージェントの上手な断り方は?退会方法や紹介案件・内定の辞退
転職でしんどいと感じることって何?
結婚前?結婚後?転職する最高のタイミングとは?
30代で未経験の職種へ転職して成功するには?
営業から事務へ転職。志望動機はどうする?
営業職の種類と必要なスキルって?
転職エージェントの面接確約オファーの内定率って?
転職の面接時間が30分は短い?平均はどのくらい?
営業にやりがいを感じない?実際はどう?
営業職はなぜ離職率が高いのか?その理由とは?
営業から総務に転職できるの?必要なスキルは何?
営業職ってブラック?激務になりやすい業界は?
派遣の営業は死ぬほどキツい?本音はどう?
保険営業の平均年収ってどのくらい?給与体系の仕組みは?
ハローワークと転職サイトはどちらが使える?
転職の面接で名刺交換ってするべきなの?
転職の面接でベストな服装って(男女別)
第二新卒の退職理由は伝え方が大事な理由って?
営業職が転職するときは退職理由に注意!
美容師から転職するならどの業種がいい?
年間休日110日って普通なの?平均はどのくらい?
退職時に残った有給休暇を消化したいが可能?
転職時に内定もらったけど保留したい場合の上手な伝え方
退職届の上手な書き方を教えて!(テンプレ付き)
転職のスケジュール逆算して準備するとうまくいく
社内転職の成功方法とメリット・デメリットとは?
ブランクがあるけど転職したい場合はどうする?
転職でミスマッチはなぜ起こるのか?
転職では即戦力が採用されるは実は間違いだった?
50代の女性でも転職で正社員になれるの?
人間関係がイヤで転職する時の注意点とは?
ワークライフバランスが理由で転職する際の落とし穴とは?
転職の企業研究・業界研究の上手なやり方は?
転職する際に知っておくべき心構えとは?
転職の求人票の見方と嘘の見破り方とは?
転職エージェントとの面談ってなにを話すの?
転職エージェントに複数登録した方がいい理由は?
転職エージェントから連絡が来ない本当の理由は?
転職エージェント経由と直接応募とどっちがいいの?
転職の面接を成功に導く自己紹介の仕方とは?
転職の最終面接での合格率ってどのくらい?
転職の面接のお礼メールと返信のマナーとは?
働きながら転職活動する方法。転職エージェントに登録するとバレる?
第二新卒の職務経歴書の上手な書き方は?
フリーターが転職する際の履歴書の書き方って?
本当にあった!?面接で落ちたNG理由とは?
転職面接で不採用の場合、理由って聞いてもいいの?
30代の転職でよくある失敗例とは?
未経験からの転職で女性におすすめの職種は?
35歳の女性が転職するのは厳しい?成功させるコツは?
大学中退者の就職活動の流れと職種・業界の選び方
高卒で転職すると給料はどうなる?おすすめ職種は?
営業に向いてない人ってどんな人?
営業職で転職しやすいオススメの企業って?
研究職からの転職でおすすめの転職先は?
海外移住で失敗しない現地の転職先の選び方とは?