保険営業の平均年収ってどのくらい?給与体系の仕組みは?

MENU

保険営業の平均年収ってどのくらい?給与体系の仕組みは?

保険営業の平均年収ってどのくらい?給与体系の仕組みは?

 

保険の営業って年収はどのくらいなんでしょうか?

 

訪問して契約をとってくるのって大変そうですよね?

 

でも成果に応じて給料も上がるから、うまくいけば高収入になる可能性はあります。

 

そこで保険の営業の平均年収や給与の仕組みについて紹介します。

 

保険営業のお仕事と給与の仕組みは?

まずは保険の営業の内容と、給与体系の仕組みについて紹介します。

1.保険の営業のお仕事とは?

保険営業の平均年収ってどのくらい?給与体系の仕組みは?

 

保険営業とはお客さんのもとを訪れてその人の人生設計にあったプランを紹介して契約してもらうことです。

 

特に結婚すると子供が生まれたり家を買ったりするので、そのタイミングで保険を考える人は多くいます。

 

それだけでなく人生の各ステージにおいて保険は関わってくるので、そのときに一番よいプランを提案したりします。

 

電話でアポをとってから訪問することもあれば、いろいろな保険を扱ってる代理店でお客さんにもっともおすすめのプランを紹介することもあります。

 

ただしいきなり新規顧客を開拓しようと思ってもなかなか難しいので、最初は知り合いにお願いして、今度はそのまた知り合いを紹介してもらい、だんだんとネットワークを作っていきます。

 

 

2.保険の営業の給与体系は?

保険営業の平均年収ってどのくらい?給与体系の仕組みは?

 

給与体系は基本給+成果に応じた歩合給で成り立っています。

 

基本給は低くて15~16万程度。

 

インセンティブは契約した保険金額の0.3%くらい。1億円の契約がとれたら、30万円が貰えます。

 

そして賞与では対象期間に獲得した契約金額の何%かが支給されることになります。

 

保険の営業は取れる人はたくさん貰える反面、取れない人は全然もらえません。

 

そのため、取れない人はすぐやめてしまうので、結果として平均年収が上がる傾向にあります。

 

また毎月支払う保険料の30%前後が収入になりますが、年々その割合が下がり、数年後にはゼロになるので継続的に契約をとる必要があります。

 

生命保険会社といえば外資系もありますよね?

 

では日本の保険会社と外資系では給与体系に違いはあるのかですが、外資系の場合、最初は基本給があっても、数年たつとフルコミッションになります。

 

そうなると取れない人は全くもらえず辞めるしかありません。やりがいはあるけど厳しいですね。

 

30代まで保険の営業を続けている方はそれなりの契約が取れているので、年収で700~800万円はもらっているようです。

 

フルコミッションの外資系のプルデンシャル保険会社の場合、年収2億円以上の人もいるそうです。

 

稼ぐ保険営業マンだけが加入できる謎の組織とは?

保険営業の平均年収ってどのくらい?給与体系の仕組みは?

 

保険の営業マンは世界中にいますが、その中でほんの一握りのトップセールスマンしか加入できない組織があります。

 

それが「MDRT(Million Dollar Round Table)」です。

 

入会基準は年によって変わりますが、たとえば2019年なら手数料ベースで1088万円以上の収入がある人。他にも保険料ベース、収入ベースなど基準があります。

 

日本の会員は2019年時点で6300名ほどいます。つまりそれだけ稼いでいる人がたくさんいることになります。

 

まとめ

保険の営業の年収について紹介しました。

 

保険の営業はインセンティブ給がある分、頑張れば頑張るほど年収もアップします。

 

やりがいもあり魅力的にみえますが、辞めていく人が多いのも事実です。

 

年収につられてフルコミッションの外資系に入ったら、後で後悔するなんて事態にもなりかねません。

 

給与の仕組みは保険会社によっても違うし、社風も異なります。

 

もっと詳しく知りたい人は転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーにいろいろ相談に乗ってもらうとよいでしょう。

 

転職エージェントは非公開の求人をたくさん抱えており、自分に合った企業を紹介してもらえます。

 

他にも面接の日程調整や履歴書の添削、面接対策などもしてくれるのでぜひ活用するといいでしょう。

 

 

関連ページ

転職サイトと転職エージェントの違い
初めての転職。6つの準備しておくべきことは?
転職の書類選考で落ちない履歴書の書き方
転職エージェント使うメリット・デメリットとは?
40代からの転職を成功させるコツとは?
ハイクラス転職で成功するためのポイントと注意点は?
外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?
転職で人事の目に止まる職務経歴書の書き方は?
転職の面接対策!よく聞かれる質問と回答例は?
50代からの転職が難しい理由と成功する活動方法とは?
転職したけど合わない・馴染めない。失敗した人の共通点とは?
大企業から中小企業に転職するメリット・デメリットは?
英語力が活かせる転職先の見つけ方とは?
ヘッドハンターとは?なぜ転職で重宝されるのか?
ベンチャー企業へ転職して後悔!よくある失敗例は?
営業職の平均年収が高い企業ランキングは?
転職すると年収は上がる?下がる?どっちが正解?
【職種別・業種別】高年収な職業の最新ランキングは?
20代で転職を成功させるコツとは?
営業を辞めたいから転職はアリ?失敗しないための考え方とは?
転職エージェントの上手な断り方は?退会方法や紹介案件・内定の辞退
転職でしんどいと感じることって何?
結婚前?結婚後?転職する最高のタイミングとは?
30代で未経験の職種へ転職して成功するには?
営業から事務へ転職。志望動機はどうする?
営業職の種類と必要なスキルって?
転職エージェントの面接確約オファーの内定率って?
転職の面接回数は平均どのくらい?多い場合、少ない場合は?
転職の面接時間が30分は短い?平均はどのくらい?
営業にやりがいを感じない?実際はどう?
営業職はなぜ離職率が高いのか?その理由とは?
営業から総務に転職できるの?必要なスキルは何?
営業職ってブラック?激務になりやすい業界は?
派遣の営業は死ぬほどキツい?本音はどう?
ハローワークと転職サイトはどちらが使える?
転職の面接で名刺交換ってするべきなの?
転職の面接でベストな服装って(男女別)
第二新卒の退職理由は伝え方が大事な理由って?
営業職が転職するときは退職理由に注意!
美容師から転職するならどの業種がいい?
年間休日110日って普通なの?平均はどのくらい?
退職時に残った有給休暇を消化したいが可能?
転職時に内定もらったけど保留したい場合の上手な伝え方
退職届の上手な書き方を教えて!(テンプレ付き)
転職のスケジュール逆算して準備するとうまくいく
社内転職の成功方法とメリット・デメリットとは?
ブランクがあるけど転職したい場合はどうする?
転職でミスマッチはなぜ起こるのか?
転職では即戦力が採用されるは実は間違いだった?
50代の女性でも転職で正社員になれるの?
人間関係がイヤで転職する時の注意点とは?
ワークライフバランスが理由で転職する際の落とし穴とは?
転職の企業研究・業界研究の上手なやり方は?
転職する際に知っておくべき心構えとは?
転職の求人票の見方と嘘の見破り方とは?
転職エージェントとの面談ってなにを話すの?
転職エージェントに複数登録した方がいい理由は?
転職エージェントから連絡が来ない本当の理由は?
転職エージェント経由と直接応募とどっちがいいの?
転職の面接を成功に導く自己紹介の仕方とは?
転職の最終面接での合格率ってどのくらい?
転職の面接のお礼メールと返信のマナーとは?
働きながら転職活動する方法。転職エージェントに登録するとバレる?
第二新卒の職務経歴書の上手な書き方は?
フリーターが転職する際の履歴書の書き方って?
本当にあった!?面接で落ちたNG理由とは?
転職面接で不採用の場合、理由って聞いてもいいの?
30代の転職でよくある失敗例とは?
未経験からの転職で女性におすすめの職種は?
35歳の女性が転職するのは厳しい?成功させるコツは?
大学中退者の就職活動の流れと職種・業界の選び方
高卒で転職すると給料はどうなる?おすすめ職種は?
営業に向いてない人ってどんな人?
営業職で転職しやすいオススメの企業って?
研究職からの転職でおすすめの転職先は?
海外移住で失敗しない現地の転職先の選び方とは?