営業にやりがいを感じない?実際はどう?

MENU

営業にやりがいを感じない?実際はどう?

 

営業にやりがいを感じないと不満を漏らす人がいますが、実際はどうなんでしょうか?

 

大変な仕事だけに頑張りが成果につながり給料に反映されるとやりがいも感じると思うのですが。

 

そこで営業職で感じられるやりがいについて新規営業、既存営業、深耕営業の3つに分けて紹介します。

 

営業ほどやりがいを感じられる仕事はない!?

営業にやりがいを感じない?実際はどう?

 

営業のお仕事ってイメージ的にキツそうですよね?顧客の要望に応えて動き回って忙しそうにしてるし、残業も多そうです。

 

だから営業職の求人が多くても応募するのに躊躇する人も多いと思います。

 

でも営業をしてる人に言わせると営業ほどやりがいを感じられる仕事はないそうです。その理由はなぜか?

 

まず営業は相手がいます。顧客だったりお客さんだったり、対面で直接お礼を言われる機会があります。

 

デスクでパソコンに向かってひたすら作業するお仕事と比べたらよっぽどやりがいがあると思いませんか?

 

ただし、営業といっても新規営業、既存営業、深耕営業の3タイプあるので、それぞれやりがいを感じるポイントが異なります。

 

そこで以下3つに分けて紹介していきます。

 

 

新規営業のやりがいとは?

営業にやりがいを感じない?実際はどう?

 

新規営業といえば思い浮かぶのは電話アポや飛び込みの訪問営業など。

 

断られたり冷たい対応されるのが当たり前で、精神的にもタフさが求められます。

 

営業の中でももっとも大変だけど、逆にやりがいももっとも感じる仕事です。

 

信頼度ゼロの状態から何度も訪問して少しずつ信頼関係を築いていかないといけません。

 

人見知りやコミュ力が低い人にはとうてい務まらないでしょう。

 

新規営業のやりがいを感じられる点は自分の頑張りが成果に直接つながること。

 

頑張れば高収入だし、ダメなら低収入で、給料がどれくらいもらえるかはまさに自分次第なところがあります。

 

また電話で何百件も電話して、毎回冷たくあしらわれる中、一人でも「それいいね!」と言ってくれる人がいたら、嬉しくなりませんか?

 

あるいは今まで取引のないお客さんが他のお客さんから紹介されて、わざわざ自分を指名してくれたら「やってよかった!」と思いますよね?

 

 

既存営業のやりがいとは?

営業にやりがいを感じない?実際はどう?

 

新規営業のようにゼロから築き上がる大変さはありませんが、すでに取引のあるお客さんの元を回り、毎日のように顔を合わせて信頼関係を築き上げていきます。

 

最初はお客さんの方も「担当が変わったのか」くらいにしか思いませんが、だんだん世間話するような関係になり、親しくなれたら「一歩前進だ!」とやりがいを感じます。

 

またお客さんとの会話の中で商品の改善点に気づき、それを本社の開発部門などに伝えることができたら、「役目を果たせた!」とやりがいを感じることができます。

 

 

深耕営業のやりがいとは?

営業にやりがいを感じない?実際はどう?

 

深耕営業はすでに取引のあるお客さんに対して、さらなる提案をして商品を買ってもらうお仕事です。

 

そのため、常にお客さんにどういう提案をしたら喜んでくれるのか考えています。

 

自分の提案をお客さんが受け入れてくれたら、やりがいを感じることでしょう。

 

一見、既存営業と似ているようですが、既存営業の場合は商品の課題は分かっているのに対し、深耕営業の場合は何が課題を見つけることから始めるのが大きな違いです。

 

まとめ

営業のやりがいについて、新規営業、既存営業、深耕営業の3つに分けて紹介しました。

 

営業はお客さんの都合に振り回されるので、自分のペースでは仕事ができません。勤務時間外でも電話があれば対応する必要があります。

 

休日に家族で予定があるのに、場合によっては顧客対応に追われて家族から文句が出ることだってあるでしょう。

 

でもお客さんと直接対面できるため、大変だけどその分やりがいを感じられるのが営業です。

 

そのためにはお客の潜在的なニーズを把握し、適切な提案をできる力が必要です。どんなに疲れていても、お客さんからの「ありがとう」の一言で元気が出るのが営業と言えます。

 

営業に魅力を感じて転職を考えているものの、どんな会社が自分に合うのかはなかなか見つけるのが大変です。

 

そこで利用してほしいのが転職エージェントです。彼らは非公開求人をたくさん抱えている上に、企業や業界の情報をよく知っています。

 

また履歴書の添削や面接対策もしてくれるのでうまく活用して転職活動を進めるといいでしょう。

 

 

関連ページ

転職サイトと転職エージェントの違い
初めての転職。6つの準備しておくべきことは?
転職の書類選考で落ちない履歴書の書き方
転職エージェント使うメリット・デメリットとは?
40代からの転職を成功させるコツとは?
ハイクラス転職で成功するためのポイントと注意点は?
外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?
転職で人事の目に止まる職務経歴書の書き方は?
転職の面接対策!よく聞かれる質問と回答例は?
50代からの転職が難しい理由と成功する活動方法とは?
転職したけど合わない・馴染めない。失敗した人の共通点とは?
大企業から中小企業に転職するメリット・デメリットは?
英語力が活かせる転職先の見つけ方とは?
ヘッドハンターとは?なぜ転職で重宝されるのか?
ベンチャー企業へ転職して後悔!よくある失敗例は?
営業職の平均年収が高い企業ランキングは?
転職すると年収は上がる?下がる?どっちが正解?
【職種別・業種別】高年収な職業の最新ランキングは?
20代で転職を成功させるコツとは?
営業を辞めたいから転職はアリ?失敗しないための考え方とは?
転職エージェントの上手な断り方は?退会方法や紹介案件・内定の辞退
転職でしんどいと感じることって何?
結婚前?結婚後?転職する最高のタイミングとは?
30代で未経験の職種へ転職して成功するには?
営業から事務へ転職。志望動機はどうする?
営業職の種類と必要なスキルって?
転職エージェントの面接確約オファーの内定率って?
転職の面接回数は平均どのくらい?多い場合、少ない場合は?
転職の面接時間が30分は短い?平均はどのくらい?
営業職はなぜ離職率が高いのか?その理由とは?
営業から総務に転職できるの?必要なスキルは何?
営業職ってブラック?激務になりやすい業界は?
派遣の営業は死ぬほどキツい?本音はどう?
保険営業の平均年収ってどのくらい?給与体系の仕組みは?
ハローワークと転職サイトはどちらが使える?
転職の面接で名刺交換ってするべきなの?
転職の面接でベストな服装って(男女別)
第二新卒の退職理由は伝え方が大事な理由って?
営業職が転職するときは退職理由に注意!
美容師から転職するならどの業種がいい?
年間休日110日って普通なの?平均はどのくらい?
退職時に残った有給休暇を消化したいが可能?
転職時に内定もらったけど保留したい場合の上手な伝え方
退職届の上手な書き方を教えて!(テンプレ付き)
転職のスケジュール逆算して準備するとうまくいく
社内転職の成功方法とメリット・デメリットとは?
ブランクがあるけど転職したい場合はどうする?
転職でミスマッチはなぜ起こるのか?
転職では即戦力が採用されるは実は間違いだった?
50代の女性でも転職で正社員になれるの?
人間関係がイヤで転職する時の注意点とは?
ワークライフバランスが理由で転職する際の落とし穴とは?
転職の企業研究・業界研究の上手なやり方は?
転職する際に知っておくべき心構えとは?
転職の求人票の見方と嘘の見破り方とは?
転職エージェントとの面談ってなにを話すの?
転職エージェントに複数登録した方がいい理由は?
転職エージェントから連絡が来ない本当の理由は?
転職エージェント経由と直接応募とどっちがいいの?
転職の面接を成功に導く自己紹介の仕方とは?
転職の最終面接での合格率ってどのくらい?
転職の面接のお礼メールと返信のマナーとは?
働きながら転職活動する方法。転職エージェントに登録するとバレる?
第二新卒の職務経歴書の上手な書き方は?
フリーターが転職する際の履歴書の書き方って?
本当にあった!?面接で落ちたNG理由とは?
転職面接で不採用の場合、理由って聞いてもいいの?
30代の転職でよくある失敗例とは?
未経験からの転職で女性におすすめの職種は?
35歳の女性が転職するのは厳しい?成功させるコツは?
大学中退者の就職活動の流れと職種・業界の選び方
高卒で転職すると給料はどうなる?おすすめ職種は?
営業に向いてない人ってどんな人?
営業職で転職しやすいオススメの企業って?
研究職からの転職でおすすめの転職先は?
海外移住で失敗しない現地の転職先の選び方とは?