助産師の仕事と活躍できる職場とは

MENU

助産師の仕事と活躍できる職場とは

助産師の仕事と活躍できる職場とは

 

助産師は出産に立ち会って、赤ちゃんを取り上げるだけの仕事ではありません。
他にもさまざまな仕事が存在し、病院以外にも活躍できる場所があります。
ここでは助産師の仕事と職場に関して詳しく紹介します。

 

 

助産師の仕事とは?

助産師の仕事は、妊娠、出産、育児に関わる一連の管理や指導を行います。

 

但し、出産に関して助産師ができるのは正常分娩に限ります。
逆子や帝王切開など異常分娩になる場合は、医師が行う必要があります。

 

一般的に病院で行う仕事はこのようになります。

 

1.【出産前】妊婦健診
妊婦さんと赤ちゃんの健康状態を定期的にチェックします。
エコーを使って赤ちゃんの状態を確認したり、妊婦さんの血圧や体重測定などを行います。

 

2.【出産前】運動や食事の指導
出産に向けての運動や食事の指導、心のケアも行います。

 

3.出産
陣痛が始まってから、生まれるまでずっとそばに付き添います。
赤ちゃんや母体の状態を診たり、お産が進んでいるかの確認を行います。
また、陣痛の痛みや不安を和らげるために、身体をさすったり励ましたりと
安心して出産できるようにケアを行います。

 

正常分娩であれば、助産師だけもお産をとることができます。
これは看護師にはできないことなのが、大きな特徴とも言えます。
しかし、異常分娩の場合は医師が必ず行う必要があります。

 

4.【産後】母親と赤ちゃんのケア
出産後は母親の回復と、赤ちゃんの成長が順調かを診るため、
産後の約1ヶ月は健診を行います。

 

5.【産後】育児サポート
母親にとって大変な育児をサポートしていきます。
特に初めての赤ちゃんの場合は、育児に関するあらゆる指導を行います。
母乳の与え方から、おむつの変え方、抱っこの仕方、沐浴の仕方など
育児の悩みを聞きアドバイスをします。

 

 

助産師が働く場所とは?

 

助産師が働ける場所はたくさんあります。

 

1.病院
厚生労働省によると助産師の約60%は病院で働いています。
産科もしくは産婦人科に配属されて働くことになります。
最近では助産師外来を設ける病院も増えてきており、医師の代わりに診察を行うこともあります。

 

2.クリニック、診療所
病院と比べると規模の小さい医療機関を表します。
20床以上の入院施設がある場合は病院、19床以下の場合はクリニックや診療所と呼ばれます。
規模が小さいため、アットホームな雰囲気を好まれている方におすすめです。
但し、入院施設がない場合は分娩に対応できないため、助産師の仕事は健診のみとなります。
分娩介助も行いたい方は、医療機関の入院施設を必ず確認しましょう。

 

3.助産所(助産院)
助産所は助産師が運営している施設になります。
法律では「助産師が公衆又は特定多数人のためその業務(病院又は診療所において行うものを除く。)を行う場所をいう」と規定されます。
医師がいないため、医療行為はできませんが、それ以外の分娩の補助や保健指導は可能となります。
但し、異常分娩の場合は医師が必要なため、病院に救急搬送する必要があります。
また、出張サービスを実施してる助産所もあり、自宅での健診や分娩を望む妊婦さんをサポートすることもあります。

 

4.産後ケアセンター
産後ケアセンターとは、出産後の育児支援を目的とした宿泊施設です。
助産師や看護師などのスタッフが24時間体制でケアを行います。
母親への育児指導を行うだけでなく、ヨガやマッサージ、カウンセリングなどを行います。
夜間はスタッフが赤ちゃんの対応を行い、母親の負担を減らします。

 

5.不妊治療専門クリニック
最近では不妊治療を専門としたクリニックが増えています。
助産師が行うことは、妊娠を望む夫婦への心のケアが中心になるため、一般的な仕事とは異なります。
女性だけでなく、男性も患者となるのが大きな特徴です。

 

 

いかがだったでしょうか?
助産師は出産に関わる大事な仕事で、これからも無くなることは無いでしょう。
医師不足の中、仕事の範囲も増えているので、もし興味のある方は挑戦してみてください。