転職すると年収は上がる?下がる?どっちが正解?

MENU

転職すると年収は上がる?下がる?どっちが正解?

転職すると年収は上がる?下がる?どっちが正解?

 

転職したいけど年収が下がったらイヤだなと思う方も多いでしょう。

 

実際に転職したら年収が下がった人もいれば上がった人もいます。

 

では下がるケース、上がるケースとはどんなものでしょうか?

 

そこで転職すると年収は下がるのか、年収が下がらないためにはどうすればいいかについて紹介します。

 

転職して年収が上がったケースとは?

転職すると年収は上がる?下がる?どっちが正解?

 

でも中には転職で年収が上がったケースもあります。

 

たとえば伸び盛りの業界で業績が好調な企業だったら、人手不足で良い人材を取りたいので、給与など待遇が良いことが考えられます。

 

また給与の仕組みが成果主義の場合、仕事が出来る人ならそれまでよりも給料が上がることは十分あるでしょう。

 

また転職の際に自分を実像よりも大きく見せることで、より高待遇が得られる可能性もあります。

 

いわゆる売り込み上手な方は給料の交渉もうまく進めて年収がアップする可能性はあります。

 

ちなみに転職の際に自分の想定以上の年収を提示された場合は警戒も必要です。

 

企業側が「この人はすごく活躍するだろうから高い給料にしよう」と期待しているからです。

 

その分、期待どおりに働けないと失望されて社内でも扱いが微妙になってしまうことも。

 

また高い年収だともしかしたらブラック企業で人材不足だからという理由も考えられます。

 

なぜそんなに高いのかをよく考えないと後で後悔することにもつながります。

 

転職で年収が下がったケースとは?

転職すると年収は上がる?下がる?どっちが正解?

 

未経験の業界や職種に転職する場合、キャリアチェンジになるので一般的には年収が下がります。

 

特に実務経験やスキルが重視される会社の場合、たとえ何年も社会人経験があっても経験不足とみなされます。

 

場合によっては30代40代でも新人と同じくらいの給料しか貰えないこともあります。

 

年齢が高いと元の給料が高いので、転職してもそれ以上を望むのは難しいです。

 

転職する際に「前職の給料はこれくらいだから、同程度をお願いします」と言った結果、「うちではこの金額は難しいため不採用」になるケースもあるようです。

 

また大企業から中小企業に転職した場合も年収は下がる事が多いです。

 

大企業の場合、年功序列型の給与のことも多く、年齢が高くなるとそれなりのお給料が貰えます。

 

しかし中小企業に転職するとその年収は維持できません。

 

ましてや大企業にいても年齢が高くスキルが不足していると転職市場では価値が低くなります。

 

自分の現在の市場価値を認識しないまま中小企業に転職すると年収がかなり下がってしまうので注意が必要です。

 

転職で年収が下がるのを防ぐには?

転職すると年収は上がる?下がる?どっちが正解?

 

転職する際に年収が下がるのを防ぐには以下のポイントに気をつけましょう。

1.譲れない金額を伝えること

住宅ローンや教育費を考えて、年収でこれだけは譲れないというラインがあるなら、はっきり伝えましょう。

 

後出しジャンケンで、「実はもう少し欲しいんですが…」と言っても遅いです。

 

譲れない金額が貰えないなら入社しないくらいの強い覚悟があると案外向こうも折れてくれる可能性はあります。

 

もちろん、その分何ができるの?どう会社に貢献できるのか、今までより高い目線で面接官に質問されることになるでしょう。

 

 

2.同じ業界、同じ職種にする

未経験の業界、職種は必ず年収が下がります。

 

もし給料を下げたくないなら、前職での経験が活かせる同じ業界の同じ職種にするべきでしょう。

 

 

3.給与形態をチェックする

会社が違えば給与形態も異なります。年功序列要素が強いところもあれば成果主義が強いところもあります。

 

成果ベースで給料に反映されるなら、入社後の成績次第ではかなりの給料が期待できます。

 

 

4.最近の業績を調べる

業績が好調なら給料も上がりやすいですが、業績が低迷していると年収が上がるどころか下がる可能性だってあります。

 

転職で給料を上げたいなら最近の業績を調べて好調な会社にした方がいいでしょう。

 

もし社員の平均年収、業界の平均年収が分かれば比較すると分かりやすくてよいです。

 

まとめ

転職で年収が上がるケース、下がるケース、下がらないためにはどうするべきかについて紹介しました。

 

年収は大事ですが、それだけにとらわれすぎるのもよくありません。

 

自分にとっての優先順位はなにかよく考えてください。

 

給料よりもキャリア育成の方が大切なら、損して得取れじゃないけど、あえて給料が下がっても今後に役立つ経験が積める仕事に転職するのもありです。

 

短期で考えるか長期で考えるか、より大きな視点で転職活動を考えるようにしましょう。

 

なお、転職して年収を上げる方法ですが、転職エージェントに登録して、そういう求人を紹介してもらうのも一つの手です。

 

キャリアアドバイザーは企業との間にたって給料の交渉などもしているので、あなたの市場価値ならこのくらいが限度などと教えてもらえますよ。

 

 

関連ページ

転職サイトと転職エージェントの違い
初めての転職。6つの準備しておくべきことは?
転職の書類選考で落ちない履歴書の書き方
転職エージェント使うメリット・デメリットとは?
40代からの転職を成功させるコツとは?
ハイクラス転職で成功するためのポイントと注意点は?
外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?
転職で人事の目に止まる職務経歴書の書き方は?
転職の面接対策!よく聞かれる質問と回答例は?
50代からの転職が難しい理由と成功する活動方法とは?
転職したけど合わない・馴染めない。失敗した人の共通点とは?
大企業から中小企業に転職するメリット・デメリットは?
英語力が活かせる転職先の見つけ方とは?
ヘッドハンターとは?なぜ転職で重宝されるのか?
ベンチャー企業へ転職して後悔!よくある失敗例は?
営業職の平均年収が高い企業ランキングは?
【職種別・業種別】高年収な職業の最新ランキングは?
20代で転職を成功させるコツとは?
営業を辞めたいから転職はアリ?失敗しないための考え方とは?
転職エージェントの上手な断り方は?退会方法や紹介案件・内定の辞退
転職でしんどいと感じることって何?
結婚前?結婚後?転職する最高のタイミングとは?
30代で未経験の職種へ転職して成功するには?
営業から事務へ転職。志望動機はどうする?
営業職の種類と必要なスキルって?
転職エージェントの面接確約オファーの内定率って?
転職の面接回数は平均どのくらい?多い場合、少ない場合は?
転職の面接時間が30分は短い?平均はどのくらい?
営業にやりがいを感じない?実際はどう?
営業職はなぜ離職率が高いのか?その理由とは?
営業から総務に転職できるの?必要なスキルは何?
営業職ってブラック?激務になりやすい業界は?
派遣の営業は死ぬほどキツい?本音はどう?
保険営業の平均年収ってどのくらい?給与体系の仕組みは?
ハローワークと転職サイトはどちらが使える?
転職の面接で名刺交換ってするべきなの?
転職の面接でベストな服装って(男女別)
第二新卒の退職理由は伝え方が大事な理由って?
営業職が転職するときは退職理由に注意!
美容師から転職するならどの業種がいい?
年間休日110日って普通なの?平均はどのくらい?
退職時に残った有給休暇を消化したいが可能?
転職時に内定もらったけど保留したい場合の上手な伝え方
退職届の上手な書き方を教えて!(テンプレ付き)
転職のスケジュール逆算して準備するとうまくいく
社内転職の成功方法とメリット・デメリットとは?
ブランクがあるけど転職したい場合はどうする?
転職でミスマッチはなぜ起こるのか?
転職では即戦力が採用されるは実は間違いだった?
50代の女性でも転職で正社員になれるの?
人間関係がイヤで転職する時の注意点とは?
ワークライフバランスが理由で転職する際の落とし穴とは?
転職の企業研究・業界研究の上手なやり方は?
転職する際に知っておくべき心構えとは?
転職の求人票の見方と嘘の見破り方とは?
転職エージェントとの面談ってなにを話すの?
転職エージェントに複数登録した方がいい理由は?
転職エージェントから連絡が来ない本当の理由は?
転職エージェント経由と直接応募とどっちがいいの?
転職の面接を成功に導く自己紹介の仕方とは?
転職の最終面接での合格率ってどのくらい?
転職の面接のお礼メールと返信のマナーとは?
働きながら転職活動する方法。転職エージェントに登録するとバレる?
第二新卒の職務経歴書の上手な書き方は?
フリーターが転職する際の履歴書の書き方って?
本当にあった!?面接で落ちたNG理由とは?
転職面接で不採用の場合、理由って聞いてもいいの?
30代の転職でよくある失敗例とは?
未経験からの転職で女性におすすめの職種は?
35歳の女性が転職するのは厳しい?成功させるコツは?
大学中退者の就職活動の流れと職種・業界の選び方
高卒で転職すると給料はどうなる?おすすめ職種は?
営業に向いてない人ってどんな人?
営業職で転職しやすいオススメの企業って?
研究職からの転職でおすすめの転職先は?
海外移住で失敗しない現地の転職先の選び方とは?