外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?

MENU

外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?

外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?

 

外資系企業への転職って不安も大きいですよね?

 

日本の企業よりドライな印象が高いため、転職してもやっていけるか不安な人は多いでしょう。

 

そこで外資系ではどんな人材が求められるのか、転職するメリットやデメリットについて紹介します。

外資系企業ってどんなところ?

外資系と日本の企業はどんな違いがあるのでしょうか?

 

日本の企業は伝統的な年功序列な給与体制が多いですが、外資系は若くても仕事によっては高い給与がもらえるイメージが強いですよね。

 

でも違うのは給与たけではありません。そこでいくつかの項目で比較してみます。

1.社員の帰属意識

外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?

 

日本人は会社へ帰属する意識が高く、会社への忠誠心や協調性が求められるため、積極的に社内でコミュニケーションをとる傾向があります。

 

職場のみんなで飲み会やお花見したり、社員旅行するというのは日本人ならではです。

 

一方、外資系企業では会社よりも仕事の成果が優先されます。いかに成果を出して会社に貢献するかが求められます。

 

そういう意味では日系企業よりも個人主義的です。仕事とプライベートはしっかり分けるのでそうしたイベントを開催することはありません。

 

その辺がどうやら日本人にはドライに見えてしまう原因のようですが、風習が違うので仕方ありません。

2.終身雇用とリストラ

外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?

 

日系企業は伝統的に終身雇用や年功序列が根付いています。

 

経済が常に成長する時代なら給料がずっと上がり続けていくのが保証されていたので社員も安心して同じ会社に勤め続けることができました。

 

一方外資系では業績が悪化すれば即リストラが敢行されます。そのため社員の流動性が高く、短期間で辞める人も多いです。

3.残業するか定時で上がるか

外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?

 

仕事への評価の仕方も異なります。

 

日系企業では長く仕事を続けることが評価の対象になるので残業するのが当たり前という風習があります。

 

一方、外資系ではいかに効率よく仕事をこなすかが評価の対象になるのでダラダラと残業している人は能力が低いとみなされます。

4.人事異動

外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?

 

日系企業では1人の社員を複数の部署に異動させて経験を積ませてをジェネラリストに育てようとする傾向があります。

 

さまざまな業務を経験することで能力やスキルを広げて会社に貢献させることが目的です。

 

一方、外資系では募集するポジションに適した即戦力のスペシャリストを採用します。

 

責任の所在を明確にするために「あなたの仕事はここからここまで」とはっきりしているため無闇に異動させるようなことはありません。

5.社員教育

外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?

 

日系企業では真っ白な人材を採用して、一から育てて自分の会社の色に染めようとします。

 

ビジネスマナーから始まり、一から教えるのが当たり前という感じです。

 

一方、外資系ではそういう考えがないため、そもそも新人研修がない会社が多いです。

 

分からないなら自分から積極的に聞きに行かないといつまでたってもそのままです。

 

日系企業なら黙っていても会社がいろいろ教えてくれる体制ができていますが、外資系では黙っているとマイナス評価になります。

 

常に自己主張し、自分の意見を言うのが当たり前なので気をつけないいけません。

 

外資系企業が求める人材とは?

外資系企業への転職を考えるなら、どういう能力、人材が求められるのかをしっかり知っておく必要があります。

1.英語力

外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?

 

外資系企業は本国とやりとりすることが多い上に外国人社員も存在しています。

 

そのため会議でも英語を使うので、ビジネスレベルの英語が使えることが条件になります。

 

たとえ日本人社員が多く、上司や同僚も日本人で普段は日本語で通用しているとしても、TOEICで600点や700点以上を推奨されることがあります。

 

重視されるのは英語での実務経験です。

 

いくらTOEICの点数が高くても実務経験がなければ評価されにくいし、逆に英語での実務経験があればTOEICの点数が低くても評価の対象になります。

 

採用時の書類や面接も全て英語で行われることもあるので、もし外資系への転職を考えるなら、自分の英語力が通用するのか把握しておきましょう。

2.即戦力の能力

外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?

 

日系企業のように会社に育ててもらえるわけではありません。会社に入ってからスキルを身につければいいか、という考えでは採用されません。

 

逆にいえば自分のスキルに自信があるなら外資系に採用される可能性が高くなります。

 

ではどんな人が外資系企業に向いているのでしょうか?

 

具体的には以下に当てはまる人です。

 

・仕事とプライベートはきっちり分けたい

 

・ダラダラ残業や会議するのが無駄だと思っている

 

・仕事の成果で評価されたい

 

・スペシャリストを目指したい

 

・スキルアップ・キャリアアップに興味がある

 

特に若いから、とか女性だからという理由で能力があるのに評価を受けられない人には年功序列型の日系企業よりも外資系の方がいいかもしれません。

 

外資系に転職するメリット・デメリットとは?

外資系に転職するメリットについて紹介します。

メリット:成果主義

外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?

 

年齢や性別よりも能力が評価されるので、能力に自信のある方にはうってつけです。

 

給与体制も年棒制で、毎月の給料は年俸の12分の1で支払われます。

 

また個人・企業の業績が良ければボーナスも日系企業では考えられない金額になることも。

 

能力が高ければ入社間もなくても管理職に登用されることがあります。

 

他にも会社としての意思決定のスピードが早いなどのメリットはあります。

 

キャリアアップのため転職する人も多いので、お世話になった会社を辞める後ろめたさもあまり感じることはありません。

 

では次に外資系に転職するデメリットについて

デメリット1:会社が教育してくれない

外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?

 

日系企業と違って会社がスキルを研修などで教えてくれるわけではないので、研修制度が充実していません。

 

即戦力のスペシャリストが求められているので、教育にはコストをかけないんですね。

 

分からなければ、その場で自分から積極的に聞いていかないといけません。

デメリット2:成果がでなければリストラされる

外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?

 

成果主義なので成果が出なければシビアに評価されてリストラされる可能性が高いです。

 

それは平社員でも支社長でも同じです。

デメリット3:本国に振り回される

外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?

 

仕事や雇用について決定権が全て本国にあるので、日本支社の現場レベルで決定できないことが多くあります。

 

また本国と連絡するにも時差の関係で向こうの時間に合わせて深夜に会議するなんてこともありえます。

デメリット4:優秀な人が多く挫折を感じやすい

外資系企業への転職で求められる条件とリスクとは?

 

自分のスキルに自信があって意気揚々と転職してきても、自分より優秀な人が周りにたくさんいることに気が付き挫折感を味わいやすいです。

 

メンタルが弱い人はやっていけないかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?外資系企業は日系企業と何が違うのか、外資系が求める人材とは?そして外資系へ転職するメリット・デメリットについて紹介してきました。

 

外資系は日系企業とは異なることが多いので、もし真剣に外資系への転職を考えているなら、しっかり準備する必要があります。

 

外資系への転職に強い転職エージェント(JACリクルートメントなど)を使えば英語の履歴書の添削や面接の対策をしてもらえます。

 

もし外資系に興味があるなら一度相談してみるといいでしょうね。

 

関連ページ

転職サイトと転職エージェントの違い
初めての転職。6つの準備しておくべきことは?
転職の書類選考で落ちない履歴書の書き方
転職エージェント使うメリット・デメリットとは?
40代からの転職を成功させるコツとは?
ハイクラス転職で成功するためのポイントと注意点は?
転職で人事の目に止まる職務経歴書の書き方は?
転職の面接対策!よく聞かれる質問と回答例は?
50代からの転職が難しい理由と成功する活動方法とは?
転職したけど合わない・馴染めない。失敗した人の共通点とは?
大企業から中小企業に転職するメリット・デメリットは?
英語力が活かせる転職先の見つけ方とは?
ヘッドハンターとは?なぜ転職で重宝されるのか?
ベンチャー企業へ転職して後悔!よくある失敗例は?
営業職の平均年収が高い企業ランキングは?
転職すると年収は上がる?下がる?どっちが正解?
【職種別・業種別】高年収な職業の最新ランキングは?
20代で転職を成功させるコツとは?
営業を辞めたいから転職はアリ?失敗しないための考え方とは?
転職エージェントの上手な断り方は?退会方法や紹介案件・内定の辞退
転職でしんどいと感じることって何?
結婚前?結婚後?転職する最高のタイミングとは?
30代で未経験の職種へ転職して成功するには?
営業から事務へ転職。志望動機はどうする?
営業職の種類と必要なスキルって?
転職エージェントの面接確約オファーの内定率って?
転職の面接回数は平均どのくらい?多い場合、少ない場合は?
転職の面接時間が30分は短い?平均はどのくらい?
営業にやりがいを感じない?実際はどう?
営業職はなぜ離職率が高いのか?その理由とは?
営業から総務に転職できるの?必要なスキルは何?
営業職ってブラック?激務になりやすい業界は?
派遣の営業は死ぬほどキツい?本音はどう?
保険営業の平均年収ってどのくらい?給与体系の仕組みは?
ハローワークと転職サイトはどちらが使える?
転職の面接で名刺交換ってするべきなの?
転職の面接でベストな服装って(男女別)
第二新卒の退職理由は伝え方が大事な理由って?
営業職が転職するときは退職理由に注意!
美容師から転職するならどの業種がいい?
年間休日110日って普通なの?平均はどのくらい?
退職時に残った有給休暇を消化したいが可能?
転職時に内定もらったけど保留したい場合の上手な伝え方
退職届の上手な書き方を教えて!(テンプレ付き)
転職のスケジュール逆算して準備するとうまくいく
社内転職の成功方法とメリット・デメリットとは?
ブランクがあるけど転職したい場合はどうする?
転職でミスマッチはなぜ起こるのか?
転職では即戦力が採用されるは実は間違いだった?
50代の女性でも転職で正社員になれるの?
人間関係がイヤで転職する時の注意点とは?
ワークライフバランスが理由で転職する際の落とし穴とは?
転職の企業研究・業界研究の上手なやり方は?
転職する際に知っておくべき心構えとは?
転職の求人票の見方と嘘の見破り方とは?
転職エージェントとの面談ってなにを話すの?
転職エージェントに複数登録した方がいい理由は?
転職エージェントから連絡が来ない本当の理由は?
転職エージェント経由と直接応募とどっちがいいの?
転職の面接を成功に導く自己紹介の仕方とは?
転職の最終面接での合格率ってどのくらい?
転職の面接のお礼メールと返信のマナーとは?
働きながら転職活動する方法。転職エージェントに登録するとバレる?
第二新卒の職務経歴書の上手な書き方は?
フリーターが転職する際の履歴書の書き方って?
本当にあった!?面接で落ちたNG理由とは?
転職面接で不採用の場合、理由って聞いてもいいの?
30代の転職でよくある失敗例とは?
未経験からの転職で女性におすすめの職種は?
35歳の女性が転職するのは厳しい?成功させるコツは?
大学中退者の就職活動の流れと職種・業界の選び方
高卒で転職すると給料はどうなる?おすすめ職種は?
営業に向いてない人ってどんな人?
営業職で転職しやすいオススメの企業って?
研究職からの転職でおすすめの転職先は?
海外移住で失敗しない現地の転職先の選び方とは?